プロフィール

鯨洋一郎

Author:鯨洋一郎
小学生時代からのベイスターズ(当時はもちろん大洋ホエールズ)ファン。かれこれ40年以上、大洋・横浜一筋の精神科医です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

僕も使っています

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ---■■ 治験ボランティア募集支援サイト~U(ユウ)~からのご案内 ■■---   ◆◆ 健康チェックが無料でできちゃう!健康サロンのご案内!◆◆ --------------------------------------------------------------------- ▽利用は無料!  ▽イベントが盛り沢山!  いまならこんなイベントも盛り沢山  ■ 10歳若返る美容法 ■  ■ 脳トレ教室!大人の塗り絵 ■  どなたでも無料でご参加いただけます♪  「治験ボランティア募集支援サイト~U(ユウ)~」は、治験の募集情報を  ご提供するとともに、治験に関連したことから、それ以外のことまで、  役に立つかもしれないプチ情報を発信していきます。  ※ 「治験」とは、国から医薬品としての承認を受けるために行う    臨床試験のことです。 http://s15.j-a-net.jp/gateway/click.cgi?a=166443&d=81119&u= ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランドン待望の今季初勝利!1対0とソフトバンクホークスに完勝!

ラミレス値千金の先制&決勝打!加賀、藤江、山口俊も頑張った!


  福岡で行われた対ソフトバンク戦。
 ホークスの先発はエースの摂津。
 一方、ベイスターズは、先のホークス戦で7回を0封したのに
 勝ち投手になれなかった悲運のブランドン
だ。 

  1回表2死3塁のチャンスに、ラミレスがレフトへの2塁打を放って
 あっさりと1点を先制
した。なおも筒香のヒット、金城四球で2死満塁と
 チャンスは拡大したが藤田がレフトライナーに倒れてこの回1点どまり。
  しかし結局はこの1点が決勝点になってしまうのだから野球はわからない。

  2回以降は立ち直った摂津の前に追加得点をあげられないベイスターズ。
  ソフトバンクもブランドンの前に6回まで0封され試合は硬直状態に。

  このままブランドンが行くかと思われた7回の裏、中畑監督はブランドンに代えて
 加賀をマウンドに送った

  先のホークス戦でブランドンの早すぎた降板で勝ち試合とならなかった悪夢が
 よぎったが、今日は違った

  7回を加賀と篠原が、8回を藤江が、そして9回を山口俊が堂々と
 投げきりホークスに本塁を踏ませず、1対0の辛勝
を飾ってくれたのである。

  明日は、三浦が通算150勝を目指して2度目の挑戦となる節目の試合だ。
  是非勝って、交流戦の最下位からの脱脚も決定づけたい。
  福岡の地で、目指せ、2連勝である!
   
スポンサーサイト

テーマ : ベイスターズ優勝だ! - ジャンル : 日記

中村紀値千金の第5号決勝ホームラン!2対1でオリックスに連勝!

藤井6回1失点の好投!一輝の超美技が光った!
 
  開幕カードのタイガース戦で激闘を演じた京セラドームに再び乗り込んだ
 ベイスターズ。相手は4年越しの連敗に、ようやく終止符を打てたオリックスだ。
 初回2死からイ・デホにタイムリーを打たれて1点を先制されたが、
 4回表には、1死1塁2塁から石川がタイムリーヒットで同点に追いついた。

  その後、両チームは息詰まる投手戦となり7回を終わって1対1の同点のまま。
 この間、レフトセンター間を破ろうかという当たりをダイビングキャッチするという
 一輝の超美技
や、金城の好守備など見所もたくさんあった。
  
  そうして迎えた8回表、中村紀がやってくれた
 レフトスタンド上段に飛び込む第5号ソロホームランだ。
 結果的に決勝点となる一打だっただけに、まさに値千金の特大弾
であった。

  この1点のリードを、8回裏は藤江がしのぎ、9回裏は山口俊がパーフェクト
 抑えて、2対1と見事な逆転勝利を収めてくれたのである。
  このところ安定感を増してきている山口俊は8セーブ目
  ナイスリリーフの菊地に勝ち星が着いたが、できるなら先発の藤井に勝たせてあげたかった。
  とにかく勝ちゲームの8回は藤江、9回は山口俊という体制が確立されてきたのは
 頼もしい。
  一方2軍には、牛田が放置されっぱなしである。
  牛田を早く1軍に上げて欲しい
  そうすれば7回牛田、8回藤江、9回山口という鉄壁の抑えトリオが完成するのだが。
  欲を言えば、江尻や大原慎も上げて、抑えのローテーションも組みたいところだ。

  明日は2度目の先発となる王投手、是非プロ入り初勝利をもぎ取って欲しい!
  

  

テーマ : ベイスターズ優勝だ! - ジャンル : 日記

8回裏金城、藤田のタイムリーで、6対2と楽天に逆転勝利!

8回裏怒濤の一挙5点攻撃!三浦に勝たせてあげたかったが…

 3連敗で迎えた楽天イーグルス戦。
 150勝がかかったエース三浦の先発だった。
 しかし三浦は、8番打者に二つのタイムリーを浴びて
 序盤から2点を先攻されてしまう。
 ベイ打線は、楽天先発の18才ルーキー鎌田に苦戦を強いられ、
 藤田のセンター前ポテンヒットで1点を返すのがやっとという 重い展開で、8回表を終わって1対2という劣勢だった。
 しかし、8回裏楽天は好投鎌田を代えて小山をマウンドに送った。
 この交代が幸いした。
 小山は制球を欠き、中村ノリと筒香を歩かせてくれて、1死1塁2塁の
 チャンス。
 ここでバッターは先発起用の金城だ。
 金城は期待に応えて三遊間を破る同点のタイムリーだ。
 やはりライトの先発は、下園や吉村よりも金城だろう。
 1500安打まで40数本に迫る金城を今後も先発起用して欲しい


 さらに1死1塁3塁のチャンスに、この日唯一の得点を叩き出している藤田だ。
 藤田は期待に応えて、ライト前への逆転タイムリーだ。
 守って良し打って良しの藤田は本当に貴重な戦力である。

 そして続く鶴岡がなんと走者一掃の3塁打で勝利を確実なものとしてくれた。

 やはり打力では黒羽根より鶴岡が上である。
 2死後、3割打者の荒波のもタイムリー内野安打が出て、この回5点をもぎ取ってくれた。

 最後は山口俊が完璧な抑えを見せて3連敗に終止符を打ってくれた。
 それにしても三浦を7回2死から諦めた中畑監督の決断は残念だった。
 開設の佐々木氏も話していたように、8回表まで投げさせてあげたかった。
 結果的には8回表をピシャリと封じて勝利を手にした藤江の登板が正解だったのかもしれないが、
 何とも残念だった。
 三浦には次回福岡ドームでのホークス戦に期待したい。

 もう一つ、6回表の1死1塁からの石川の凡プレーには途轍もなく腹が立った。 
 1、2塁間に転がった平凡なセカンドゴロをなんと2塁に放らず1塁に投げて、
 走者を2塁まで進めてしまったのである。
 おそらく何か他のことを考えるなどして集中を欠いていたせいだろう。
 こんなお粗末さは許せないことである。
 2軍で復調している渡辺直と入れ替えるくらいのお灸が必要だろう!
 

テーマ : ベイスターズ優勝だ! - ジャンル : 日記

荒波、打って守って大活躍!7対5で西武に逆転勝利勝利!

三浦冷や汗の6勝目!藤田は見事なスクイズを決め、山口俊は完全抑え!


 西武ライオンズに3敗して迎えた最終第4戦。
エース三浦が、4回裏中村剛に3ランを打たれて0対3とされてしまう。
 しかし、ベイスターズの反抗はすぐさま始まった。
 5回表、筒香がクリーンヒットで出塁すると藤田が歩いて1死1塁2塁のチャンス。
 ここで荒波があわやホームランという大飛球の二塁打を飛ばして
2者を迎え入れた。
 続く石川も右中間を突破する3塁打を放ち同点とすると、
中村紀、ラミレスもタイムリーを繋いで、
この回、いっきの5得点である。
 その裏、三浦が上本にソロ一発を浴びて5対4とされると、6回表は、1死2塁3塁から
藤田が、難しいボールを鮮やかにスクイズを決めて6点目を取ってくれ
た。
 この一点が大きかった。

 8回裏に、藤江が今季初失点となるソロホーマーを浴びて再び1点先生とされると、
 9回表には、ヒットで出塁し盗塁を決めた藤田を2塁に置いて、またも荒波がタイムリーを打って7対5と再び突き放してくれた

 最後は、山口俊が、完全セーブを決めて、西武ライオンズに一矢報いたのだった。
 山口は7セーブ目をゲットだ。

 チームも10安打7点と効率のいい得点をしたわけだが、ヒーローは猛打賞と好守備の
荒波と、2安打1スクイズの藤田
であろう。

 これで交流戦は5勝7敗となった。
 なんとか後半で2つ勝ち越して五分の星まで持って行きたいものである。
 頑張れ!ベイスターズ!
  
 
 

テーマ : ベイスターズ優勝だ! - ジャンル : 日記

リリーフ陣の頑張りもあって、5対4で天敵福岡ソフトバンクホークスに勝利!

先発田中健、惜しい!あと一人で、勝利投手を逃す!

 交流戦ではオリックスと並んで、もう何年も苦手にしてきた福岡ソフトバンクホークスを
相手に、しびれる試合を展開し、見事に勝利したベイスターズ!

 先発田中は、2対0とリードを保って、5回の表2氏ランナーなしまで行っていた。
あと一人押さえたら勝利投手の権利が転がり込んでくる。
 そんな魔の誘惑が手元を狂わせたのか、5連打を浴びてあっと言う間に3点を失って逆転されてしまう。
 もう一段、精神力を鍛えて、次回こそは8回くらいまで投げ抜いて、先発ロー手の一角を
 担ってをもらいたい。なにせドラフト1位投手なのだから。

 一方、リリ-フ陣は頑張った。
 一人を押さえて勝ち星に恵まれた菊池投手にはおめでとうと言いたい。
 さらに加賀も連日の当番に耐えて良く押さえた
 毎度打たれる篠塚はやっぱりピンチを作ったが
 豪腕連続無失点の藤江がよーく押さえてくれた
 さらに今季初めて8回途中からマウンドに上がった守護神山口も0封してくれて、
 5対4と冷や汗の勝利をおさめてくれたのだ。

 打撃陣では、キャプテン石川にようやく本来の力が戻ってきたのが大きい
 荒波との1,2番コンビが機能してきたからだ。

 逆転の立役者中村ノリとラミレスの二人は期待通りの活躍を続けてくれている。
 筒香も6番に入ってから余裕が出てきている。
 下園を間に挟んでのダブル・クリーナップの今の打線はなかなかいい。

 交流戦初の連勝を飾ったベイスターズ、さあ、こうなったら、調子のでないホークスを連覇して、
 カープの背中をいっきに飛び越えたいものである

 

テーマ : ベイスターズ優勝だ! - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。